40代女性:保育園で仕事を続けながら腰痛改善

来院動機

腰を反らせた時、仰向けになった時、寝返りを打った時、朝起き上がった時の痛み。

夜寝ている時の痛みがあり疲れが取れないため

整形外科に通院したがレントゲンには問題がなく湿布を処方された。

痛みが一向にひかないためチラシを見て来院。

問診内容

痛みの出たきっかけ

仕事を始めてから腰の痛みが出た。

どういった動きで痛くなったかは不明。

どのような時に痛みが出るか

腰を反らせた時、仰向けになった時、寝返りを打った時、朝起き上がった時の痛み。

身体所見と治療、経過

初回施術

ぎっくり腰の既往歴がなく、ヘルニアの所見も診られなっかたため、

骨格骨盤の歪み、筋力低下を疑った。

姿勢の写真を撮り骨格の歪みを確認、その後身体の可動域や動きを確認した。

結果骨盤骨格の歪みが強く観られたため、患者さんにその旨を説明。

本日の施術は土台である骨盤の矯正、痛みのある筋肉の調整を行った。

施術後痛みのレベルが来た時の半分以下に減少。

骨盤骨格の変化を確認するため翌日に来院して頂く事に。

2回目施術 (初回施術から1日後)

痛みは残っているものの前回終わった後から調子が良い。

ただし寝ている時の痛みに変化が見られなかった。

本日はEMSというインナーマッスルを鍛える機械を使い筋力量を計測した。

計測した結果年齢から算出した基準値の2割ほどの筋力量しか計測できなかった。

以上の事を患者さんに説明し、今後の治療方針として骨盤骨格の矯正、痛みのある筋肉の調整、

自宅での運動療法を行って行く事とした。

3回目施術 (初回施術から1週間後)

2回目施術時に残っていた夜間時の痛みも低下。

骨盤骨格の矯正、運動療法ともに効果が観られ全体的な痛みの度合いも

4割(患者さん感覚)に減少。骨盤骨格が身体に定着するまで継続。

9回目施術 (初回施術から1ヶ月後)

腰の痛みが消失、ハリ感はあるものの状態としては良好。

骨盤骨格の歪みも軽微

再発しないために骨盤骨格の定着を目的とした矯正と運動療法は継続。

16回目施術

たまに疲れた時や前かがみになった時痛みが出るが

普段は痛みもハリ感もない。

 

初回施術から3ヵ月後

痛み、ハリ感もなく疲労からくる痛みも自然と治っていくまでに回復。

骨盤骨格も整い定着したと判断。

しかし筋力量の増強が少なく、患者自身持病で運動がきついとの事。

今後EMSを使った骨格骨盤を安定させるための筋肉である

インナーマッスルのトレーニングを提案。

実際身体を動かしてトレーニングするより早く効果が出る事、

痛みや持病に左右されずトレーニングできることから

今後、EMSを使ったトレーニングに治療を移行した。

現在の様子

腰の痛み、ハリはなく、当初あった夜間の痛みは消失。

強度な疲労後痛みは出るものの自然に良くなっていくとの事。

骨盤骨格の歪みは許容範囲となり筋力量も年齢基準値以上になったことから。

自宅での経過観察に移行した。

30日後検診で痛み違和感がなければ治療を終了。

患者さんのコメント

来た時は何しても痛く治るかどうかわからなかった腰の痛みが

無くなって普段の動きも楽になった。

スタッフも明るく説明も丁寧にしてくれて安心できた。

担当者のコメント

腰の痛みが良くなって本当に良かったです。

夜間時の痛みなど普段お仕事で疲れているのに相当お辛かったですよね。

痛みは身体にとっての救難信号です。痛みの原因も様々あります。

あきらめず痛みを治したいと思って行動してくれたからこそ良くなったのですよ。

今後も痛み違和感などありましたら我慢したり、あきらめたりせず

直ぐご相談くださいね。

新潟名倉堂スタッフ一同健康で快適な日常を願っております。

腰痛について詳しくはこちら

腰痛

この記事に関する関連記事