70代女性:痛みを伴うO脚を治療

来院動機

3年前から両膝に痛みがあり正座もできなかった。よく足がつり、O脚も気になっていたため当院のチラシを見て来院した。

問診内容

痛みの出たきっかけ

痛みの出た正確な時期や原因は不明。気づいたら痛みが出ていた。原因として考えられるのは外仕事でしゃがんでいることが多いとの事。

どのような時に痛みが出るか

しゃがんでいると痛み。
屈曲、歩行時に痛み。
朝寝て起きる際に足がつる

身体所見と治療、経過

初回施術

3年前から膝に痛みがありO脚の自覚もあることから身体のバランスの崩れが原因と推測し患者さんの姿勢の分析を行った。

検査の結果骨盤、骨格共に強い歪みがあり、筋肉のバランスも崩れた状態であった。また外反母趾もあることから常日頃身体のバランスが崩れる習慣があると推測。

以上の内容を患者さんに説明し、本日は骨盤の矯正を行った。

施術後歩行時の痛みの減少、歩行時の歩きやすさが観られた。

施術の効果を実感してもらえた為、今後は骨盤の矯正と筋肉の調整を行って行くこととした。

2回目施術(初回から2日目)

膝の痛み低下、歩きやすいとの事。

本日は前回と同じ矯正に加えて筋肉の調整も行った。

3回目施術(初回から5日目)

膝の痛みが消失。
ただし1度夜中に右膝に違和感。
長時間の歩行と階段昇降にて左膝裏に違和感があったとの事。

本日は施術、矯正に加えて骨格骨盤を支えるインナーマッスルの検査を行った。

結果としてはインナーマッスルの低下が観られた為、その旨を患者さんに説明し自宅での運動療法を行って行くこととした。

6回目施術(初回から2週間目)

右ふくらはぎ肉離れ。左腰に違和感。

肉離れの為テーピングにて固定を行い、運動療法の一時中断、水分摂取指導、アイシング指導を行った。

9回目施術(初回から1ヶ月後)

膝の痛み、腰の違和感はなく。肉離れの痛みも消失。
全体的に調子が良いとの事。

ただし骨盤骨格の歪みは残っており、クセもついていないことから腰や膝に違和感は出てくる可能性はまだあることを伝え。治療を続けることとした。

現在の様子

たまに腰や右ふくらはぎに違和感は出るものの痛みはなく全体として調子が良いとの事。
O脚や外反母趾も徐々に改善が観られる。

今後はO脚や外反母趾をより改善するため骨盤骨格の矯正を行って行くこととした。

患者さんのコメント

ひどいO脚姿に啞然!悩んでた折、当院様のチラシ。早々に来院。診断は「骨盤の前傾斜」が原因(わたしは15度。正常は10度)。
骨盤矯正と筋肉調整の施術を受けて5回目。「なんか歩きやすい感じ。」恐る恐るガラス扉の前に「うそ!姿が変わった。O脚が大部直ってる。」本当なんです。超嬉しかった。「施術の継続」と「維持体操」を絶対に頑張るぞと決心しました。

担当者のコメント

今回O脚からくる膝の痛みが良くなり本当に良かったです。またO脚も早い段階から良くなってきたのはしっかりと通院され運動も頑張ったおかげだと私は思います。

本来O脚や足回りの痛みは普段の生活で使うことが多く安静が難しい分抜けるのにも時間がかかるものです。
ですがしっかり治療していけば痛みは取れていきます。今後はいい状態のクセがついてない骨盤骨格をしっかりクセ付けし、再発しにくい身体づくりを一緒に頑張っていきましょう。

膝痛について詳しくはこちら

膝痛