50代女性:手術や痛み止めを使わず腱鞘炎、バネ指を改善

来院動機

主に包丁を握った時や運転でハンドルを握る時、ペンを持ってものを書く時など

握る動作の際痛みが伴うため病院に相談。

痛み止めを飲み続けるか手術しかないと言われたため

以前当院のチラシを見たのを思い出し来院。

問診内容

痛みの出たきっかけ

いつ頃かは忘れたが徐々に物を握ったり指を伸ばす動作が辛くなっていき

気づいた頃には痛みがあるのが当たり前になっていた。

どのような時に痛みが出るか

包丁を握る時、ハンドルを握る時、ペンを持つときに痛み。

指を伸ばす際痛みはないが引っ掛かったように指が伸ばしづらい。

首、肩、腰も重だるくたまに痛みも出る。

身体所見と治療、経過

初回施術

病院での診断があったため原因が脳や循環器系ではないということで

筋肉や骨格のバランスを検査。

腕周りの筋肉の筋緊張が強く、首から腰までの背骨の歪みも強かった為

頚椎の歪みからくる神経の伝達障害、それに伴う筋肉の過緊張と判断。

首、肩、腰の重さだるさ、痛みも首から腰にかけての歪みと判断した。

その旨を説明し、全身の骨格の矯正、過緊張している筋肉に対しての施術を行った。

施術後首、肩、腰のダルさが軽減し、物を握った際の痛みも軽減した。

初めて受けた全身の矯正による身体の変化、反応を確認するため

次の日に来院してもらうこととした。

2回目施術 (1日後)

前回施術後から調子が良く

指を伸ばす動きは多少の引っ掛かりはあるものの引っ掛かって伸びないということはなくなった。

ハンドルを握る動作も施術前より楽になったとの事。

骨格が整うまで前回と同じ施術をやっていくとの事。

5回目施術 (初回から2週間後)

全体的に調子が良い、痛みの度合いも5まで低下(1番痛い時が10、痛みがなければ0)

指の動きも良くなってきているとの事。

9回目施術 (約1ヶ月後)

「指の感覚が人の指になってきた」との事。

痛みが無くなり痺れや知覚異常の改善が診られた。

現在の様子

物を握る動作での痛み消失、

指を伸ばす時の引っ掛かり消失、

仕事などの過度なストレスがかかると一時的に痛みや引っ掛かりがでることもあるが

日常生活で自然と無くなっていく事から正しい骨格の定着と判断した。

ただし仕事柄歪みやすい環境である為

メンテナンスに移行した。

患者さんのコメント

病院でけんしょう炎とバネ指と言われ数ヵ月。

痛みをとるには痛み止めの薬を飲むか、手術と言われました。

包丁を握るのも、ペンを持つにも痛くて大変でした。

ところが今はペンを持つこの手が痛くなくなりこの感想を書いています。

通院し、3~4回目頃から痛みが少しずつなくなってきました。整体院でバネ指

が治療できるなんて本当にびっくりです。

これからも定期的に通って体を調整して元気に生活できるようにしていきます!!

担当者のコメント

けんしょう炎、バネ指が良くなって本当に良かったです。

病院で痛み止めか手術と言われた時は

「この痛みと付き合って生きていかないといけないのか」

「手術は怖いな」など、不安ばかりだったと思います。

確かに痛みと一緒に付き合っていく、手術をするも一つの手段です。

ただ取れるのであれば痛みは皆さん取りたいはずです、

できればメスを入れず治したいと言う方もいるでしょう。

1つ1つ原因を探し対処することで身体は良くなっていきます。

今回も諦めず当院を見つけ、頑張って通ってくれたからこそ良くなったんだと思いますよ。

今後もメンテナンスとして元気に生活できるよう、一緒に頑張っていきましょう。

 

ばね指について詳しくはこちら

ばね指

この記事に関する関連記事