10代女性:姿勢の乱れから日常生活に支障

来院動機

元々姿勢が悪く首や肩のコリがあったが、背中や胸周りに痛みが出現、日常生活に支障が出てきた。

ご家族の方が当院に通われておりその方の紹介で来院した。

問診内容

痛みの出たきっかけ

元々姿勢が悪く肩や首のコリはあったもののそのままにしていた。
その後2日前に授業中に背中に痛みが出現、次の日には胸の中心部に圧迫される様な痛みが出現した。

どの様な時に痛みが出るか

常に違和感があり波はあるものの特に歩いている時と仰向けで寝ている時に痛みが出現。

身体所見と治療、経過

初回施術

背中の痛み、胸の痛みに対して問診を行った結果痛みに対して限局した痛みではなく「ここら辺」という曖昧な痛みの表現であった為今回の痛みは神経症状から来るものと推測し神経の通り道である骨格の検査を行った。

検査の結果「反り腰」と「ストレートネック」が見られ背骨の歪みが確認できた。
その旨を患者さん、ご家族に説明し本日は骨格、骨盤の歪みを整える為の全身矯正と歪みから出てしまった筋肉の過緊張を緩める為筋肉調整を行っていく事とした。

治療後胸の痛みの減少、首肩のコリ感の消失が見られた。
施術の効果を実感してもらえた為、今後上記の施術を1か月続けていく事とした。

2回目施術(初回施術から2日目)

昨日より痛みが減った。普段の痛みは初めて来た時の痛みを10(痛みが全くないのを0)だとして5まで落ち着いた。しかし仰向けになると胸の痛みが8まで上昇するとの事。

本日は昨日と同じ治療を行うとともに家でできる運動療法を伝えた。

5回目施術(初回施術から1週間)

背中の痛みは消失、胸の痛みが減少、痛みの度合いとしては1になった。

肩の痛みもコリ感に変化。本人も体が楽という事で経過良好であった。

初回施術から1か月後

首肩の痛みやコリ、胸の痛みも出なくなった。

全体的に経過良好。

現在の様子

当初来られた時の胸の痛みの再発は見られず肩の痛みも見られない。

本人としても調子がいいとの事。
治療としては以上で終了とするものの治療後の経過を見る為1か月経過観察をさせてもらう事とした。

患者さんのコメント

元々姿勢が悪く、受験期間も重なっていたので肩や首がこっている状態を長らく放置していました。
そしたら、背中や胸のあたりも痛み出し、日常生活もままならなくなったので家族のすすめでこちらに通うことになりました。1回目の施術で肩や首のこりがなくなり、5回目からは背中や胸の痛みもほとんどなくなりました。大学に行く前に施術を受けられて良かったです。

本当にありがとうございました!

担当者のコメント

治療お疲れ様でした。
受験勉強と言うただでさえ神経をすり減らす中痛みが出て辛かったですよね。中には痛みを我慢したまま生活し腕に痺れが出たりギックリを出されてから来られる方も多く見ている為、早い段階で治療が開始できて本当によかったです。
今でも初めて来られた時緊張されてる中姿勢の分析をしたのをハッキリと覚えていますよ。

今後は痛みが再発しない様適度な運動と将来に向けての勉強を頑張ってください。応援してますね。
痛みが出ないに越したことはないのですがもし何かありましたらなんでもご相談ください。勿論元気な姿を見せに遊びに来るでも構いません。私たちはお待ちしております。

肋間神経痛について詳しくはこちら

肋間神経痛