変形性股関節症!今からでもできる対策など三条名倉堂

こんにちは。

三条名倉堂鍼灸整骨院の曽田です。

最近は膝周りの話を書くことが多かったので今回は股関節について、中でも変形性股関節症(股OA)について自分でできるケアを含めて書きます!

 

そもそも変形性股関節症とは?

・女性に多く

・歩き始めや歩き出すと股関節が痛くなる

・靴など履きにくい

・歩くと前かがみになる

・和式トイレが苦手

など特徴があり

放置すると軟骨が磨り減り関節と関節の間がなくなってしまいます。

すると関節が変形し骨棘ができ生活動作などで痛みが出てます。

それ以外も、先天性股関節脱臼、膝蓋形成不全の方は関節に負担がかかりやすいので股OAになりやすです!

歩くときの痛みが常にある場合などは一度レントゲンで診断してもらう事をおすすめします。早期発見できればエクササイズやストレッチで予防もできます。

 

少し脱線しますが、先天性股関節脱臼はお母さんのお腹の中で既に脱臼している状態です。股関節には脱臼しやすいポジションがあり「屈曲、内転、内旋」です。

いわゆる女の子座りですよね?

なので女の子座りから前の物をとったりすると危険なのでやめましょう!

 

自分でできる事

股関節周りの筋トレ(中殿筋)

体幹のインナーマッスルの強化

 

他にも生活習慣も変える必要があり、いくら良いエクササイズをしても今まで通り生活してたらダメです。股関節を大切に使うようにしましょう(激しいスポーツを控える、体重を減らす、深く座る事も控える)

 

名倉堂では楽トレという機械を導入してます。

運動が苦手な方でも寝ながらインナーマッスルを鍛えれることができますので、興味のある方股関節周りの具体的なエクササイズが聞きたい方は是非相談してくださいね🎶

鍼灸整骨の治療

肩や腰の痛み、猫背や寝違え、むち打ちなどの原因は、ズバリ、骨盤のゆがみやズレです。当院では、姿勢の分析結果から痛みの元をつきとめ、根本治療を行っています。
風邪などの治療と違い、骨盤のゆがみやズレを治すには、ある程度の期間がかかります。そのため、患者様にはある一定期間、完治のためのゴールを定めて足を運んでいただく必要があります。当院では、ご来院された患者様が「安心して通える」ことを重要視し、技術の向上、院内の環境や雰囲気づくりの整備を行っています。