新潟市南区能登にある名倉堂白根院が考える膝の痛みについて

皆さんこんばんは。

ココ新潟市南区能登、白根地域は毎日毎日

雪、雪、雪…の天気でした。

来週も寒波の予報ですが、何とか外れて欲しいです…

どうぞ余裕を持ってお出かけくださいね。

 

今回は膝の痛みについて投稿します。

 

 

 

膝単独で痛みを出すのは◯%

現在はnetで何でも調べられるので、気になさっている方は色々とお調べかもしれないですが、少し違った面からの話をさせていただきますね。

 

下半身には7割の筋肉が集まっているのを皆さまご存知でしょうか?

そして人体で1番大きな関節が膝関節なのです。

大きな関節、そしてたくさんある筋肉の中でも特に強い筋肉が関係する関節故に構造も大変複雑で、スポーツ選手をはじめ、怪我の度合いによっては日常生活にまで大きな支障が出やすい部位です。

 

 

 

しかし純粋な怪我、つまり膝単独で痛みを出すのは全体の2%なのです。

では殆どの場合は何で痛むのでしょうか?

 

 

 

 

殆どの原因は身体の◯◯◯◯の崩れ

実は膝の痛みの殆どの原因は身体の

バランス

の崩れによるものなのです。

 

 

つまり、膝以外に問題がある、という事です。

膝の治療をずっと行っているのに痛みが取れない、という方は膝以外を治療すべきです。

基本的には骨盤の歪みや股関節の影響が大きいのですが、足首の問題もあります。

要は体重がきちんと掛かる所に掛かっていないのです。

腰が痛い、股関節が硬い、足首を捻挫した事ある方は膝も要注意です。

身体のバランスが崩れた状態、歪んでいる身体は違う所に過剰に体重が掛かり続けます。

その結果の疲労により、筋肉が硬くなって痛みを出します。

硬くなった筋肉は縮んだ状態です。特にももの筋肉は膝の関節を越えてお皿(膝蓋骨)の下に付くので縮むと関節の隙間が狭まります。

 

 

よって関節面の圧力が高まり、炎症が起き、腫れが出たり、痛みを感じるのです。

レントゲンを撮った事のある方で、「軟骨がすり減っている。」とドクターに言われた事のある方。

レントゲンに軟骨は映りません。更に軟骨は痛みを感じる事が出来ません。軟骨がすり減って痛いのではなく、強い筋肉によって膝関節の隙間が狭まるようにみえている状態、軟骨がすり減って見えるくらい、筋肉が縮んで引っ張っている、そこの筋肉が痛みを出しているのが正しい表現です。

 

ドクターは画像を見て説明される為、更には分かりやすいように言われるのでしょう。

 

 

 

膝の治療は?

私がこれまで体験してきた中で最も効果的だった治療は、バランスを戻す為の

骨盤矯正と膝の上下の関節のストレッチです。

 

まず、矯正に関してはコチラをご覧ください。

腰痛・ぎっくり腰

 

 

そして私が大切だと思っているのが、膝周辺の関節が柔らかい事です。

特に足首を捻挫した事のある方。しっかり治療されましたか?足首、硬くなっていないですか?

酷い捻挫だと僅かですが、かかとの上の骨(距骨:きょこつ)がズレます。

 

 

そうなるとかかとが硬くなる他、スネの外側の骨もズレてきます。結果、足首に柔らかさが無くなるので、膝でクッション性を出そうとします。つまりは負担が増えてくるのです。

当院患者さんでも膝の痛みを訴える方で足首の影響を受けている方、結構いらっしゃいます。

更にはももとふくらはぎの筋肉の硬さ。このスムーズに動かない筋肉の影響も大きいです。

 

 

 

膝のセルフケア

当院で施術を受けていただければいいのですが、来院出来ない方のためにセルフケアをお教えします。

 

 

先ず、膝の関節を氷水で冷やしてください。

アイスノンや湿布は化学物質が入ってますのでよくないです。氷水は0度以下にはならないので凍傷にはなりません。感覚が無くなるまで冷やすのがいいですね。

寝る前のアイシングが余計な熱をとってあげるので特に効果的です!

 

 

 

 

足首を朝晩良く回してください。

どちらの方向にも同じ様に、です。回し難い方向には特にゆっくり丁寧にお願いします。

 

股関節のストレッチ。

開脚やお尻の筋肉もゆっくりストレッチ掛けてください。

 

 

そして立ち上がる際は真上に立ち上がりましょう。

お子様を抱いたまま立ち上がるお母様方に多いのが前傾姿勢です。身体の関節に負担を掛けてしまう立ち上がり方なのです。

必要以上の前傾姿勢は要注意です

 

 

腫れが酷い場合や大きな怪我の場合はドクターに診てもらう事をオススメ致します。

 

 

 

以上、少し趣向を変えて膝の痛みを記載してみました。

分かりにくい点などありましたらご連絡ください。

松原がお送りしました。

 

 

 

 

こちらもご覧ください↓

https://www.niigata-naguradou.com/recruit/

 

 

交通事故後に出る痛み

交通事故後に出る痛みは、強い衝撃で全身の筋肉や骨のバランスが崩れることが原因です。こういった痛みは整形外科などで行うレントゲンやCT、MRIには映らないため、原因が特定しづらいです。しかし、痛みの原因がはっきりしないからといってそのままにすると、治りづらくなるばかりか、後遺症が残りかねないため、治療は欠かせません。