南区能登の名倉堂白根院のスタッフがおくる睡眠の質に関して

2月にも入り、雪も少しずつなくなってきましたね。
これからまだまだ寒気も続くので体調には十分気をつけてくださいね。

さて、今回のテーマは朝の首の痛みです。


よく朝に首が痛くなって起きることがありませんか?
それは寝る時の姿勢や枕の高さによって首に負担がかかってるのかもしれません。
まず、寝る時ですが横向きが寝やすかったり、うつ伏せが寝やすいという方、仰向けが辛いという方もいらっしゃると思います。
寝る時の姿勢は仰向けが一番です。
なぜかというともし寝る時の横を向きながら寝てしまうと首に捻じれが生じそれを長時間続けてしまうので筋肉に負担がかかります。これだけでも首の歪みにつながります。

 

歪みが生まれることにより余計に仰向けで寝れないということもあります。
また、首の歪みによって頭痛やめまい、立ちくらみにも悩まされてる方もいらっしゃいます。
歪みは習慣で生まれますが、習慣で予防も出来るのです。
まずは首のバランスを整えるためにも白根院で治療を行い、首を正常に必要があります。ですので是非ご連絡くださいね。

根本的治療は皆様の睡眠を快適にします。

 

私のオススメの就寝方法はお風呂でよく身体を温め、循環を良くし筋肉の疲労をなくします。
寝る30分前はスマホをいじらないようにします。スマホの光だけでも脳が起きてしまい寝つき辛くなります。
寝る前は暖かい飲み物で身体を温めます。これはカフェインのはいっていないものにしましょう。飲むときは寝る30分前にしましょう。
胃に物が入った状態で寝てしまうと胃が働いたままで寝ることになるのでこれも寝つきづらさにつながります。
それから枕の高さはタオル二枚分くらいで寝ています。高すぎると首に負担をかけてしまうからです。
これらどれか1つでも習慣に組み込むめば首の辛さを予防出来ます!
毎日健康に快適に過ごすためにも正しい習慣を身につけましょう。

今井でした。

 

 

 

こちらもどうぞ↓

https://www.niigata-naguradou.com/recruit/

 

骨盤矯正+筋肉の調整

頭痛や肩こりの原因は、昔の事故や姿勢の悪さなどの生活習慣、疲れ、血行不良など人それぞれです。頭や首の痛みの種類や度合いも、人によって朝起きたときや夜だけだったり、ズキズキしたり重かったりと異なります。