腰痛になると….

こんにちは!
東区藤見町にある藤見名倉堂鍼灸整骨院の外角です。

冷え込む日々が続いていますが、みなさん体調はいかがでしょうか?暖かい格好をして寒さ対策もしていきましょう!

さて今日は腰痛についてです。
厳しい寒さにより、ぎっくり腰などを起こされる方も少なくありません。
腰を痛めてしまうと様々な悪循環ができてしまいます。1つ例をあげると、筋肉のバランスが崩れるということです。

どのように筋肉バランスが崩れるかというと、全身のインナーマッスルと言われる深層にある筋肉の機能が低下してしまいます。一方で全身のアウターマッスルと言われる表層の筋肉が過剰に働いてしまいます。つまりインナーマッスルとアウターマッスルのバランスが崩れてしまうという事です。

アウターマッスルが過剰に働くと、筋肉がガチガチに固まってしまい、関節の可動域まで制限されてしまいます。
裏を返せば、インナーマッスルが働いていればアウターマッスルの負担が減り痛み自体も出にくくなってきます!

当院では骨格矯正はもちろん、体幹のインナーマッスルを鍛える機械もあります!
私も身体は内側のインナーマッスルから鍛える事をオススメします!!

ではまた!

腰痛・ぎっくり腰

腰の痛みには、日ごろから感じる慢性的な痛みと、重いものを持った時に起こるぎっくり腰のような急性的な痛みがあります。一見、原因は別々にあるように思われますが、実は両方とも骨盤、骨格(背骨)に由来します。